文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


北鎌倉と、横浜・南の森


2.天園から円海山緑地へ

(1)天園から市境広場
(2)関谷奥見晴台、大丸山、金沢市民の森(ページ中部)
(3)氷取沢市民の森、円海山、瀬上市民の森(ページ下部)

1.JR北鎌倉駅から天園まで、はこちら。 


(1)天園から市境広場



尾根上の「天園(てんえん)峠の茶屋」前の道を東へ。この道のすぐ右奥にもう一つのお休みどころ「天園休憩所」がある。

右へ瑞泉寺(ずいせんじ)、鎌倉宮(かまくらぐう)へ下る道を分ける。こちらが天園ハイキングコースの続き。
鎌倉駅から獅子舞の紅葉、天園を経て瑞泉寺へ 

天園(六国峠)周辺マップ 




右下に見える、天園休憩所。


左へ進路を取り、円海山(えんかいざん)緑地に続く尾根道をゆく。




岩がちの道を、いったん高度を下げていく。




しばらく行くと、右へ鎌倉霊園への道を分ける。
円海山緑地方面は左へ行く。




岩を切り開いてつけられた尾根道。




こんな道も鎌倉尾根歩きの魅力の一つ。




尾根通しとはいえ、起伏のある尾根を切り開いて道を付けているのだから、切通しといって相違ない。




しばらく歩くと市境広場に出た。ここから先が、広大な円海山(えんかいざん)緑地。ここで大平山(おおひらやま)付近から続いてきた横浜鎌倉市境を離れ、横浜市内区境の尾根となる。

市境広場には大きな案内板が出ている。横浜つながりの森・散策マップと同じもの。




円海山緑地は、横浜市南部の磯子区・栄区・金沢区にまたがる市内最大の緑地。円海山のあたりから東西に延びる尾根と南北に延びる尾根を主稜線とする、ひとかたまりの森。その多くは私有地であり所有・管理上はいくつかの森に分かれているが、事実上一つの巨大な森である。

この森は南の森として、横浜市北部に広がる新治(にいはる)・三保(みほ)をはじめとした北の森と対をなす。もっとも、北の森、南の森という呼称は自然散策マニアの呼び方かも知れず一般的とは言えない。

南の森・・・瀬上(せがみ)市民の森、氷取沢(ひとりざわ)市民の森、金沢市民の森、釜利谷(かまりや)市民の森、能見堂(のうけんどう)緑地金沢自然公園横浜自然観察の森など。
北の森・・・横浜動物の森公園(ズーラシア+隣接の森)四季の森公園三保(みほ)市民の森、新治(にいはる)市民の森、新治里山公園など。

南北いずれも50ヘクタール(100m四方×50)前後の大きな森をいくつも抱え、おもだった緑地だけで合計250ヘクタールを優に超える広大な森である。
南の森については、横浜市ウェブサイトに「横浜つながりの森」の散策マップが掲載されている。
北の森については、緑区ウェブサイトが「緑と水の回廊マップ」として全体の案内図を掲載している。




市境広場からの展望。

横浜霊園と、その左奥に鎌倉市今泉クリーンセンターの煙突。
高圧線の交わった上あたりに、丹沢山(たんざわさん)から延びて概ね三つのピークを持つ丹沢三峰(たんざわみつみね)の尾根がぼんやりと見える。




晩秋の丹沢三峰。そちらの季節は稜線がくっきりと浮かび上がる。

今泉クリーンセンターの煙突の上にあるなだらかな山容が、丹沢山(たんざわさん。1567m)。そのすぐ右隣り、稜線の向こう側にこぶ状に見えるピークが、丹沢最高峰の蛭ヶ岳(ひるがたけ。1673m)。

丹沢山から右に稜線を進み、なだらかな三角が太礼ノ頭(たれいのあたま)、反り返った三角が円山木ノ頭(えんざんぎのあたま。1360m)、双子の三角の右が本間ノ頭(ほんまのあたま)。三峰の尾根は高度を下げながら東丹沢の宮ヶ瀬湖へ降りていく。

JR北鎌倉駅からここ市境広場まで、晩秋の天園ハイキングコースの尾根歩きはこちら


市境広場を後に、円海山方面へ向かう。市境広場から六国峠ハイキングコース、はこちら。




しばらくいくと、自然観察の森への分岐が現れる。

先をこのまま尾根通しに行けば、関谷奥見晴台(せきやおくみはらしだい)へ至る。二又に分かれたそのあたりは、円海山(えんかいざん)方面へ通じる南北の尾根道(ビートルズトレイル)と、金沢自然公園・能見堂(のうけんどう)緑地へ通じる尾根道(六国峠ハイキングコース)の分岐点となる。


尾根から下って横浜自然観察の森へ、寄り道。




この森は、環境省が全国に展開した「自然観察の森」事業の第一号になる。この森だけでも45ha(100m四方×45)もある。
自然観察センターには日本野鳥の会のレンジャーが常駐し森の管理・運営を行っている。

また、森に隣接して横浜市の宿泊施設「上郷(かみごう)・森の家」がある。 自然観察の森からいたち川・昇龍橋のページ




自然観察センターそばの広場。この森では、「ケン、ケーン」と鳴くキジなど、市内では珍しい野鳥に遭遇することもある。

向こうに見える尾根に再び上がり、先へ進む。


(2)関谷奥見晴台、大丸山、金沢市民の森



自然観察の森から、南北に連なる尾根道へ上がっていく。




尾根道へ合流したら、少し引き返して関谷奥見晴台(せきやおくみはらしだい)へ。




北東方面。




根岸湾のコンビナートの向こうにベイブリッジのH型、鶴見つばさ橋の逆Y型の主塔が見える。




尾根道へ戻り、お次は大丸山(おおまるやま)の山頂へ。




ピークとしては市内最高峰の大丸山(156.8m)。先ほど市境広場から見えた丹沢山(1567m)の、ほぼ十分の一。
「ということはこれを10回登れば丹沢山頂か?」というわけでは、もちろん、ない。あちらは登山口から標高差約1300mの本格的な登山道をコツコツ登らねばならない。標高1000〜1500mに深山の象徴・美しいブナ林の広がる丹沢山は、こちら。

なお標高としては、天園近くの大平山(おおひらやま)の稜線の一部が市内最高地点となる。




南東方面。




こちらは八景島(はっけいじま)シーパラダイスのピラミッド型の建物(アクアミュージアム)やサーフコースターが見える。海を隔てた右側には住友重機・横須賀造船所の門状大型クレーン(ゴライアスクレーン)。さらに右、こんもりとした緑の丘は野島公園。

大丸山からは、尾根道(ビートルズトレイル)に戻れば、楽な尾根道歩きで氷取沢・瀬上市民の森に至る。
一方、谷側に下りていけば金沢市民の森の懐深くを散策できる。




大丸山の山頂から、ひょうたん池のある谷へ。




一気の下り。はるか下に、鉄製デッキが見える。




鉄製デッキを降りていく。




桟橋が設けられた、沢の上流。ここは円海山緑地の南北の尾根(ビートルズトレイル)と能見堂緑地に連なる六国峠ハイキングコースの尾根とに挟まれた、狭い谷。




新たに造られたひょうたん池。




先へと進む。









元のひょうたん池。




今後、このあたりは横浜環状南線(よこはまかんじょうみなみせん)の工事が行われる。




横浜横須賀道路の高架。散策路の奥は金沢自然公園(六国峠ハイキングコース)へ通じる。




ひょうたん池から尾根へ戻る。




長い登り。




途中、清戸(きよと)の広場からの眺め。
横道路金沢支線・釜利谷料金所が見える。その向こう、沖合に浮かぶ船は貨物船か。




尾根道まで、あと少し。




南北の尾根道(ビートルズトレイル)に戻ってきた。




立派な板根を持つ木。
これはエノキの板根。根が板状になって地上に出ている。




路肩の崩れかかった道も整備が行き届いている。




石畳で補強しているところもある。




この尾根道もやはり古道だった。


(3)氷取沢市民の森、円海山、瀬上市民の森



尾根上から東の方向。大岡川源流域となる、氷取沢(ひとりざわ)市民の森が広がる。




「円海山周辺の森」の標柱。




尾根道から下り、氷取沢市民の森・大岡川(おおおかがわ)源流域へ。大岡川の初めの一滴は、この森の谷戸(やと)奥深くから始まる。

谷戸(やと)とは、小山に挟まれた浅い谷の地形を表す言葉。鎌倉では谷(やつ)、房総では谷津(やつ)と呼ばれる。









大岡川源流域小川アメニティは、氷取沢小川アメニティの最奥部。湿地帯の木道がいい雰囲気。









沢がナメになっている。つるつるとして、見た目にも涼やか。




おおやと休憩所へ。





横浜横須賀道路の高架橋。ちょうど円海山トンネルを抜けてきたあたり。




高架橋の向こうは氷取沢農専地区。




ここから奥まで、懐の深い谷戸だ。




大谷戸から、うばのふところ広場を経て東西の尾根に上る。




NHK円海山FM放送所の鉄塔。




東西の尾根を、いっしんどう広場へ向かう。




尾根道をたどると、途中に現れる分岐。真ん中の道の先で、円海山(えんかいざん)山頂前に至る。









山頂部は現在は開放されていないため、立ち入ることはできない。




ずいぶんと昔には、円海山が横浜市内の最高峰とされていた。

再び、尾根道に戻る。




いっしんどう広場。
円海山緑地随一の好展望地だが、残念ながら空気も霞み、よい眺望が得られなかった。




広場に設置された、案内板。




冬のいっしんどう広場からの眺望。雄大なすそ野を広げる富士山の左に箱根連山の金時山(きんときやま)、明神ヶ岳、神山(かみやま)、駒ケ岳、二子山(ふたごやま)などが見える。
画像出典・市民グラフヨコハマ第百号「百号記念・横浜百景」平成9年(1997)刊行。


いっしんどう広場から東西の尾根伝いにさらに進み、港南台方面に出ると大展望が開ける。




車止めの先へ。




南側に開ける大展望。いちばん奥に、北鎌倉の尾根。




新緑の瀬上市民の森。
東西の尾根上から谷戸の上流側を見る。森の底には、瀬上池。右奥の丸い山は、大丸山(おおまるやま)。




こちらは春の瀬上池。

うららかな日ざしの中、ヤマザクラなどの桜が咲きそろい幻想的な春景色。 瀬上市民の森のサクラのページ


いっしんどう広場に戻ってから南北の尾根を辿り、瀬上池(せがみいけ)の上流側へ向かう。




尾根に囲まれたすり鉢状の底に瀬上池を擁する、瀬上市民の森。




瀬上沢の、最奥部。




沢はやがていたち川に合流し、いたち川は柏尾川(かしおがわ)へ、さらには境川(さかいがわ)へ合流して相模湾にそそぐ。




瀬上池のふちにたどり着いた。










瀬上池は、灌漑用のため池として造られた。人家一軒ない最上流の森の一滴を池に集める。




絵画のような、新緑の美しさ。




沢は、小さなナメ滝を掛ける。




池の下広場。




南の森の谷戸は、深い。




瀬上沢沿いに、上郷町の横浜栄高校へ。そこからJR根岸線港南台駅まで歩いてゆく。
港南台駅までは瀬上池を見下ろす東西の尾根からのほうが距離は近い。


森歩き、山歩きトップへ戻る