里山ガーデン(横浜動物の森公園植物公園)〜春〜


4月の中旬、ソメイヨシノから多種多様なサクラへと季節が移りゆくころの里山ガーデンを歩く。

里山ガーデン(横浜動物の森公園植物公園)の概要はこちら。




里山ガーデン東入口(相鉄バス、鶴ヶ峰駅・中山駅発西ひかりが丘バス停そば)。









東入口から正面入口(ズーラシア北門そば)へと通じる、外周園路。園路沿いにはヤマザクラの大木。




カキツバタ園のカキツバタは、まだまだこれから。



















花の里山。シバザクラやユキヤナギ、そして様々なサクラが植えられている。




白妙(シロタエ)。




八重咲きの園芸品種。




松前(マツマエ)。




淡い紅紫色の八重咲き。




一葉(イチヨウ)。









元から生えていたヤマザクラはともかくとして、開園したばかりの里山ガーデンのサクラはまだまだ若木。









パークトレインが行く。









石戸蒲桜(イシトカバザクラ)。こちらは咲き始め。




サクラはバラ科。
花が開き始めのヤエザクラを見ると、たしかにミニバラのよう。




解説板。




根尾谷淡墨桜(ネオダニ ウスズミザクラ)。彼岸桜(ヒガンザクラ)のこちらは花が終わり、すでに新緑。




「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに」と小野小町が詠んだ桜は、まさしく淡墨桜のような桜であろうか。

花の色が移りゆく桜には、得も言われぬ風情がある。




ピンク大島桜(ピンクオオシマザクラ)。




白い一重咲きのオオシマザクラの一種で、淡い紅色の花をつけている。

すでに満開を過ぎており花びらの散った萼も目立つが、ピンクに混じって白いオオシマも見える。




思川(オモイガワ)。




薄紅紫色の、半八重咲き。









満開の菜の花は、シーズン終盤。




一方、こちらは四月下旬。菜の花のシーズンは終わった。




カキツバタ園の上に鯉のぼりが掲げられた。




大型連休を控えたこの時期、「花の里山」のサクラは次々に移り変わってゆく。シバザクラも咲きそろいつつある。




天の川(あまのがわ)。すっと上に伸びた、ホウキ状の樹形。









楊貴妃(ヨウキヒ)。









須磨浦普賢象(スマウラ フゲンゾウ)。こちらは淡紅色のヤエザクラ「普賢象」の色違い版。




鬱金(ウコン)のような、淡い黄緑色の花を付ける。




蘭々(ランラン)。









松月(ショウゲツ)。









谷戸はここで枝分かれし、外周園路の奥はグランピングサイトなどを経て正面入口へと続く。




枝分かれした谷戸の奥は、「生物多様性ゾーン」。




春めいてきた、谷戸の奥。









山野草の小さな花壇。里山の林床に見られる春の花が植えられている。




片栗(カタクリ)は終わっているが、菊咲一華(キクザキイチゲ)がまだ残っていた。ポツリと一人残された、春の妖精。









花壇の外で、小さな立坪菫(タチツボスミレ)はたくましく咲いている。




林床に伸び始めてきたシダ。この辺りは元々は杉の谷。









大花壇、正面入口へと続く中央園路を上がる。




三葉躑躅(ミツバツツジ)。




春の大花壇へ。




キンギョソウにオレンジ色のデイジー、すっかり春めく大花壇。




元から自生していたヤマザクラの大木。





























薄紅紫色の八重咲きのサクラ、紅豊(ベニユタカ)。









ヤマザクラの開花とともに淡い芽吹きの季節を迎えた、春の里山。









鮮やかに広がる、ブルーのパンジー。




薄桃色のチューリップの中に、ちらほら混じる黒いチューリップ。







































ゴロンと寝ころびたくなる、フカフカの西洋芝。




正面入口、ウェルカムガーデンの花畑。







四季だより歳時記トップに戻る。  花だよりトップへ。