文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


長屋門公園・初夏


長屋門(ながやもん)公園へのアプローチは相鉄(そうてつ)線三ツ境(みつきょう)駅から長屋門プロムナードをたどるのが一般的だが、隣の希望ヶ丘駅から希望ケ丘高校通りを経て、希望が丘水の森公園の尾根伝いにたどる道も利用しやすい。

高校通りを直進、突き当りの高校正門の二つ手前の四つ角を右折して、一直線に進めば長屋門公園にたどり着く。




途中にある公園は、帷子川(かたびらがわ)の水源のひとつ。二俣川(ふたまたがわ)、帷子川と合流し、横浜港へ注ぐ。


端午の節句の頃の、長屋門公園へ。




茅葺の、母屋。寄棟の向かって右側が切り落とされた、半寄棟。














太い梁と、茅葺の屋根裏をのぞかせる、土間。




古民家の生活を伝える、竈(かまど)も。




囲炉裏のある、広間。














奥座敷には、茶席で使用する炉が切られている。 




庭から見る長屋門。




井戸蓋の上に、サクランボの鉢植えが。爽やかな季節にふさわしい、粋な演出。




長屋門の土蔵。内部が展示室に。


































長屋門の二階に通じる階段。









文庫蔵の内部。








庭の池に掛かる、石組みの滝。




母屋の裏庭。




新緑の季節、長屋門の脇から水辺の散策へ。




せせらぎの水辺。水の森公園と至近距離だが、こちらは阿久和川(あくわがわ)の源流域。阿久和川から柏尾川(かしおがわ)、境川(さかいがわ)と合流し、相模湾へそそぐ。




横井戸とは、珍しい。秦野など丹沢山麓では聞いたことがあるが、横浜市域の谷戸にもあったとは。


















尾根に上がる自然観察林の散策路は、舗装路。








雑木広場に上がる園路は、木道。




雑木広場。




再び、水路へ。




母屋裏庭の裏手にある、湧水の池。







四季だより・歳時記トップへ戻る