追分市民の森・ヒマワリ


追分市民の森の概要は、森歩き 鶴ヶ峰駅から帷子川ルート・追分市民の森へのページへ。




保土ヶ谷(ほどがや)バイパス下川井(しもかわい)インター方面・追分(おいわけ)市民の森の、矢指口(やさしぐち)側にひろがる谷戸田(やとだ)。青々と茂るその奥に、うっすらとヒマワリ畑が見える。




道端のヒマワリの向こうに、ヒマワリ畑の端が見える。




追分市民の森のヒマワリは、東北八重(とうほくやえ)という、種苗会社のオリジナル品種。例年8月初旬には見頃を迎える。
平成22(2010)年7月31日。




7月の終わりごろ。部分的ではあるがだいぶ咲きそろってきた。
平成25(2013)年7月28日。




平成22(2010)年8月5日。




夏休みに入ってすぐの頃。まだまだちらほら。
平成22(2010)年7月24日。




一面を黄色で埋め尽くすにはもう少し。
平成25(2013)年7月28日。














紋黄揚羽(モンキアゲハ)が蜜を吸いにやってきた。




クロアゲハに似ているが、翅の黄白色の紋が特徴。大きな翅で、フワフワゆったりと舞う。




背の高いヒマワリは、隣接する矢指(やさし)市民の森の散策路(くぬぎ通り)から見渡すと、壮観の一言。
平成22(2010)年7月31日。




平成22(2010)年8月5日。









青空によく映える。









旭大橋の脚元から奥は、百日草(ヒャクニチソウ)の花畑。






















追分市民の森・コスモスの頃へ  花だよりトップへ戻る