まちへ、森へ。

三溪園の四季

三溪園〜紅葉のライトアップ

 

令和三年(2021)の秋、三溪園で12年ぶりとなる紅葉のライトアップがおこなわれた。

 

開催期間の最終盤となる12月も中旬に差し掛かった週末のころ、三溪園を訪れる。

 

 

午後4時半開始のライトアップに合わせて訪れた、夕刻の三溪園。来園者の視線は「これぞ三溪園」の景観へと向かう。

 

 

 

日没前、暮れゆく外苑。

 

 

 

 

 

 

 

観心橋。

 

 

 

 

 

 

 

旧燈明寺三重塔。

 

 

 

三溪記念館前、ウェディングフォトに収まるカップル。

 

 

 

御門から内苑へ。

 

 

 

臨春閣。

 

 

 

旧天瑞寺寿塔覆堂。

 

 

 

亭しゃ(さんずいに射)から先がライトアップ開始の午後4時半に開放終了なのが、ちょっと残念。聴秋閣奥の渓谷歩道は足元がよくないので、致し方ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓮華院。

 

 

 

再び臨春閣。

 

 

 

亭しゃと聴秋閣。

 

今回の紅葉ライトアップ企画は、亭しゃから聴秋閣の手前まで寄ることができればなお良かった。

 

 

 

内苑・三溪記念館前から外苑へ。

 

 

 

薄暮のひと時を迎えた外苑。

 

 

 

 

 

 

 

外苑の渓流沿いへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横笛庵越しの三重塔。

 

 

 

 

 

 

 

観心橋。

 

 

 

とっぷりと日も暮れた、宵の口。

 

 

 

遅い紅葉の訪れを経て、季節は年末年始へ。

 

 

三溪園〜お正月

page top