文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


三浦半島横断、展望の山から海へ


4.大楠山から前田川遊歩道、秋谷の立石へ

3.衣笠城址から大楠山へはこちら




大楠山山頂(241m)「大楠山ビューハウス」の屋上から360度の展望を堪能したところで、前田川遊歩道を経由して秋谷(あきや)海岸・秋谷の立石(たていし)へと下山開始。




午後2時半過ぎ、ビューハウスの前から登山道へ。









登山口の前田橋までは1時間余り。




国土交通省・大楠山レーダ雨量観測所のレーダアンテナ塔。



















沢を見下ろす。




下山を始めて45分ほどで前田川遊歩道・大楠山ハイキングコース入口に到着。









遊歩道へ。









遊歩道の上流側は台風による崖崩れのため通行止めになっている(2018年12月現在)。




飛び石伝いに川の中をゆく。




護岸の手前でいったん上へ。









再び川。









気持ちのいい、渓谷歩き。














瀬音が耳に心地よい。









途中に設けられた公衆トイレへの分岐を通過。














景観に配慮した石積風の堰堤。









魚道が現れた。




魚が堰堤の手前まで遡上できるようになっている。









遊歩道の終点(起点)で道路に上がる。









こちらは黄色いテープで通行止め区間を示している。




前田橋交差点。ここから秋谷(あきや)海岸へ向かう。




前田川下流。




秋谷海岸入口。ここを左折。

陸自の車両(高機動車)が走り抜けてゆく。このあたりは武山駐屯地も近い。




河口が見えた。




相模湾に注ぐ、前田川の河口。河口付近は秋谷漁港になっている。




海岸をゆく。残念ながら空は相変わらずの曇天。




砂浜の奥に見える、秋谷の立石(たていし)。









立石と松、その左に長者ヶ崎、そして大山と江の島。




広重画「富士山十六景より相州三浦之海上」 画像出典・国立国会図書館デジタルコレクション。

左に箱根、右に大山(丹沢)、そして富士山の手前に江の島。




立石にとって江の島は大事な借景。そして左上にぼんやり見える白い筋。でもたぶんこれは富士の頂ではなく雲だろう。




立石公園に到着。









「関東ふれあいの道」の案内板。




「立石」の案内板。

夕暮れの空に浮かび上がる富士山も併せて見たかったのだが、まあ仕方ない。




時刻は午後4時過ぎ。12月も中旬に差しかかるころとなると日暮れが早い。

帰路は「立石」バス停から京急・新逗子駅へ。


森歩き山歩きトップに戻る。