文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


富士箱根のすそ野、三島から箱根八里へ


平成29年(2017)7月下旬の週末。湧水と大社の町・三島をめぐり、箱根旧街道西坂から山中城跡、箱根峠・箱根関所を歩く。

1.三島湧水群と旧東海道三島宿、三嶋大社




時刻は朝八時。小田原から東海道線でおよそ40分、中伊豆・西伊豆の玄関口となるJR三島駅南口。JRの駅舎はすそを広げた富士山をイメージしたような駅舎。

三島駅はJR東海エリアのためSuica,PASMOといったICカードは改札を通過できない。JR東日本エリアからICカードで乗車してきた乗客のために改札手前に精算機が用意されている。




駅前のせせらぎ。このせせらぎは「街中がせせらぎ事業」の「湧水モニュメント」として整備された。

まずは駅前から菰池公園へ。その先は白滝公園、鎌倉古道を経て三嶋大社と巡っていく。




街の至るところに見られる案内板。




菰池公園(こもいけ こうえん)に到着。




この池に湧く水は桜川(大場川・狩野川支流)の水源となっており、街なかに川の源があることになる。














菰池公園から桜川に沿って、白滝公園へ。




清らかな流れ。




白滝公園(水泉園)に到着。




こちらも桜川の水源。

三島市北部は、約1万年前の富士山噴火で流れ出した溶岩が大地をつくっている。三島の湧水は三島溶岩流の末端から溢れる富士山伏流水の湧水。




清冽な湧水は夏でもひんやりと冷たい。




湧水が桜川へと注ぐ。




瑞々しく苔むしたケヤキ。




園内の溶岩。




大木が溶岩にがっしりと根を張っている。




ミニ溶岩塚。頂部には溶岩が膨らんでプシュっと破けた亀裂が入っている。




溶岩塚の下方には、ほとばしる溶岩が流れ下っていった跡が残る。




縄状溶岩。冷えた溶岩の表面が内側のドロドロした溶岩の流れに引っ張られて、しめ縄のようなしわをつくる。









縄状溶岩の下からも伏流水が湧き出している。




街なかに見る、火山活動の痕跡。

参考・伊豆半島ジオパーク公式サイト。




至るところ、溶岩だらけの園内。




からくり人形「めぐみの子」。




夏でも冷たい、富士山の伏流水。




白滝公園からは桜川に沿って三嶋大社へと向かうのが推奨散策ルートだが、ここは旧東海道三島宿の名残りを求めて三島のメインストリートから鎌倉古道をたどって行く。




メインストリートから脇道に逸れて浅間神社へ立ち寄る。




伊豆国二宮、浅間神社(せんげん じんじゃ)。富士浅間(ふじせんげん)信仰の祭神、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)を祀る。

江戸時代、富士講の登山者はまずこのお社に詣でたという。




通りに戻り、先へと進む。




長圓寺(ちょうえんじ)の山門(赤門)。この門は旧東海道三島宿・世古(せこ)本陣の門が移築されたもの。

三島宿には二軒の本陣があった。この山門は市街化著しい三島にあって、三島宿の名残りをしっかりと伝えている。




三島信用金庫本店の角を左折、狭い道に入っていく。 案内図拡大版。




この道筋は鎌倉古道(京鎌倉往還。中世の東海道)と推定される。

少し歩いた先の角を左に入ると圓明寺。




圓明寺(えんみょうじ)山門。こちらはもう一軒の本陣であった樋口本陣の門と伝わる。

江戸時代、宿場町に在って門構(もんがまえ)を設けることが許された商家は原則として本陣だけだった。




御殿川に架かる赤橋(あかはし)。案内板を見ると豆州三島と駿州沼津の五か所に架かっている駿豆五色橋(すんず ごしきばし)のひとつ、とある。




祓所神社(はらえどじんじゃ。はらいどじんじゃ)に到着。三嶋大社の末社であり、三嶋大社の境内に隣接する。




お社は池の中之島に建っている。石橋はかなり古そう。




旧東海道との交差点、大社町西へ。




旧東海道に沿って三嶋大社へ。




ケヤキの古木が並んでいる。奥の木は境内の案内板によると樹齢750年を超える。




江戸時代の旧東海道に沿って立つ、三嶋大社の鳥居。




広重「東海道五十三次之内 三島朝霧」(保永堂版)。

三島大社鳥居前の往来を描く。




豊国「東海道 三嶋」。

三嶋大社の門前町と大名行列。




立祥(二代目広重)「東海道五十三駅 三嶋雪中」。

三島宿内では幾つもの湧水の川を橋で渡る。この川はどこのものを描いたものだろうか。




豊国「東海道五十三次の内 三島おせん」。

三島とくれば、「一つ、ものの始まりが一ならば国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島・・・」で始まるお馴染み「男はつらいよ」寅さんの啖呵売(たんかばい)。「続いた数字が三。三、三、六法で引け目がない、産で死んだが三島のおせん、おせんばかりが女ごじゃあないよ・・・」

画像出典・以上四点とも国立国会図書館デジタルコレクション。




三嶋大社は伊豆国一宮。旧社格でいえば国幣大社。

主祭神は大山祇命(おおやまつみのみこと)。浅間神社の祭神・木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の父であり、相州大山・阿夫利神社の祭神としても馴染みがある。




たたり石。現在の場所に移される前、かつては旧東海道・大社前の中央にあって行き交う人の流れを整理していたとされる。

この巨石は約2900年前、富士山の大規模な山体崩壊により発生した泥流がもたらしたと考えられている。泥流は御殿場から箱根の山裾を巻くようにして三島と小田原に流れ下っていった。たたり石はその時にゴロゴロと転がって運ばれてきたと推定される。
参考・伊豆半島ジオパーク公式サイト




若山牧水(わかやま ぼくすい)が大正期に詠んだ短歌の碑。

「のずゑなる 三島のまちの あげ花火 月夜のそらに 散りて消ゆなり」




神池(しんち)畔のケヤキ老木。樹齢650年。




参道をゆく。




神池。




厳島神社。鎌倉時代、北条政子が勧請したと伝わる。




総門。見事なしめ縄が掛けられている。

三嶋大社は鎌倉将軍家の守護神だった。源頼朝が篤く信仰し、伊豆山権現、箱根権現と併せた将軍家による「三所詣」の聖地として宗教上重要な意義をもった。
戦国時代には小田原北条氏も篤く庇護した。




宝物殿。




宝物館手前の湧水。こちらは箱根山系の伏流水とのこと。




芸能殿。これは旧総門が改築されたもの。




神馬舎の傍らにある、頼朝の腰掛石。右には政子の腰掛石。




神馬舎。




手水舎(ちょうずや)。その奥に回廊。




回廊。




回廊から見る、社務所北側の茶室「不二亭」。元は樋口本陣にあったこの茶室も、宿場町の時代を今に伝える建築物の一つ。

明治天皇が御宿泊の際にご利用になったというこの茶室は、茶室にしてはずいぶんと大きな二階建のような造り。これは富士の眺めがよくなるように床を高く上げたとのこと。




神門。




金木犀(キンモクセイ)の古木。樹齢およそ1200年。




神楽殿の、舞殿(ぶでん)。




御神水「生玉(いくたま)水」。こちらは富士山系の伏流水だそうだ。




生玉水の湧水が境内に流れをつくる。三嶋大社は、まさに「水の都」の総鎮守。




拝殿。嘉永七年(1854)の大地震で社殿は悉く倒壊し、慶応二年(1866)までに再建された、とある。

向拝(こうはい。せり出した屋根)周りには見事な彫り物が施されている。




唐破風(からはふ)の下には「天岩戸(あまのいわと)」。
岩屋から出てきた天照大神(あまてらすおおみかみ)の光が射す様子が彫られている。




その両脇の一方には「吉備真備(きびのまきび)の囲碁」。
吉備真備は遣唐使に随行、唐に留学した貴族。囲碁は古代中国の貴人の嗜み「琴棋書画(きんきしょが)」の一つ。




他方には「源頼政(みなもとのよりまさ)の鵺(ぬえ)退治」。
源頼政(源三位頼政)は平安末期の武士。以仁王(もちひとおう)の令旨(りょうじ)を奉じて平氏追討の旗揚げをした。




拝殿の奥に本殿。本殿と拝殿をつなぐ位置に幣殿(へいでん)がある「権現造(ごんげんづくり)」の社殿。




複雑な組物(くみもの)がみっしりと並ぶ、本殿。




参道に平行して、流鏑馬(やぶさめ)馬場。




馬場の脇、宝物館の奥あたりへ。




芭蕉の句碑「どむみりと あふちや雨の 花曇り」。
どんよりとした雨模様の中あふち(栴檀。せんだん)の花が咲いている梅雨の情景を前に詠んだ、そうだ。




神鹿園のシカ。




クスノキの大木。
「樹齢千年の大楠はどこだ?」と探してみたものの、探し切れない。バスの時間が押していたのでその代わりに一枚。周りには何も案内がなかったが、この木も十分大きい。




「三嶋大社前」バス停から鳥居の方面。




三嶋大社の前からは箱根旧街道・西坂を歩く人たちのための街道歩きルートが設定されている。
街道歩きルートはしばらくの間は三島の市街地を歩き、錦田一里塚のある「愛宕坂」、塚原・市の山地区の「臼ころげ坂」では国道一号あるいは旧道に沿って石畳の遊歩道も整備されている。

しかし今回は山中城跡、箱根関所もみっちりと訪問する計画のため、西坂のすべてを通しで歩いていたら日帰りでは到底収まらない。そこで前半を割愛して、学術的調査により石畳が保存、復元ないし整備されている中腹の「笹原」地区から旧街道を歩き始めることにする。

午前9時50分ごろ、「三嶋大社前」バス停から東海バス三島駅発「元箱根港行」または「山中行」に乗車し「笹原」バス停へ。なお東海バスは「Suica」「PASMO」といった交通系ICカードは利用できない。


2.箱根旧街道西坂へ  まち歩きトップに戻る。