文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


材木座から小坪へ、海の鎌倉


好天に恵まれた平成29年(2017)の大型連休後半。鎌倉・材木座(ざいもくざ)界隈の古刹をめぐり古都鎌倉の湊・和賀江津(わかえのつ)、小坪(こつぼ。逗子市)界隈を歩く。




朝の10時過ぎ、鎌倉駅東口。




若宮大路(わかみやおおじ)を「下馬(げば)」へ。




下馬のスクランブル交差点から鶴岡八幡宮方面を見る。ここは若宮大路と大町大路(おおまちおおじ)とが交差する四つ辻(よつつじ。四ツ角、十字路)。明治22年(1889)に横須賀線が開通するまで、若宮大路の段葛(だんかずら)はこの下馬四ツ角まで続いていたという。

鎌倉時代、鶴岡八幡宮に参詣する者はいかに身分の高い武士であってもここで馬を下りた。また若宮大路を横切るときも馬を下りて八幡宮に礼拝しなければならなかった。
江戸時代にはこのあたりに駒止の柵が設けられ、八幡宮への馬の乗り入れは禁じられていた。それだけ、鶴岡八幡宮は鎌倉における聖域であった。
幕末の元治元年(1864)イギリス人士官が浪人に殺傷された事件(鎌倉事件)はこのあたりで起こっている。襲った犯人は捕えられて横浜・戸部の刑場で処刑された




大町大路を大町四ツ角に向かうと、すぐに滑川(なめりかわ)を渡る橋。




橋を渡った右手に建つ、浄土宗帰命山延命寺(きみょうざん えんめいじ)。鎌倉幕府第五代執権北条時頼(ほうじょう ときより)の夫人が建立したと伝わる。
このお堂は屋根の妻壁(つまかべ)の側を正面として向拝(こうはい。せり出した屋根)が付けられており、お寺としてはちょっと変わった造り。




大町大路を進む。




大町四ツ角。ここで右折して「元八幡(由比若宮)」へ向かう。




踏切を渡り最初に交差する小道。ここを右に入っていく。




途中に「石清水(いわしみず)の井戸」。




奥に朱の鳥居が建つ。




「由比若宮(ゆい わかみや。元八幡)」。平安時代、由比ヶ浜は内陸のこの近くまで入り込んでいたとされる。




流造(ながれづくり)の拝殿はそれほど大きくはない。

ここは鶴岡八幡宮(つるがおか はちまんぐう)の起源となる社。平安時代の康平6年(1063)、前九年の役(ぜんくねんのえき。1051〜1062)に勝利した源頼義(みなもとのよりよし)が山城国(現京都府)石清水八幡宮(いわしみず はちまんぐう)の祭神を勧請して社を造った。先の「石清水の井戸」は石清水八幡宮とのつながりを思い起こさせる。

元八幡が創建されるまで、鎌倉は平直方(たいらのなおかた)の支配地であった。

平直方は桓武平氏の嫡流。関東で勢力を張っていた傍流の平忠常(たいらのただつね。坂東平氏)が朝廷に対して反乱を起こし、直方はその追討のために派遣された。直方は鎌倉を拠点として鎮圧に乗り出すものの、三年掛けてもこれに成功することが出来ずにその役目を解かれた。
代わって派遣された源頼信(みなもとのよりのぶ)に対し、戦乱で疲弊していた忠常は降伏。後に直方は頼信の嫡男頼義を娘婿に迎え、その嫡男義家(よしいえ。八幡太郎)に鎌倉の地を譲り渡したのである。

それまで坂東平氏の流れを汲む一族が各地を支配していた関東で、この地は源氏が関東に足掛りを得た最初の場所となった。

義家以降、摂関政治から白河法皇の院政に時代が移るなかで源氏はその勢力を削がれ、東国での覇権を失っていく。その勢力挽回に成功したのは東国に根を下ろした源義朝(みなもとのよしとも。頼朝の父)であった。しかし、平治の乱(1159)で源義朝が平清盛(たいらのきよもり)に敗れると鎌倉における源氏の力は再び衰えてしまった。それを再興したのが源頼朝(みなもとのよりとも)となる。

治承4年(1180)には頼朝が社殿を現在の鶴岡八幡宮・若宮のあたりに移した。その社殿は建久2年(1191)に火災で焼け、現在の上宮(かみのみや)の位置に新たな社殿が建てられた。それは鶴岡八幡宮を平安京の内裏に、若宮大路を朱雀大路に見立てた頼朝による武家の都づくりの一環であった。

参考 「鎌倉歴史散歩」奥富敬之著。




義家旗立ての松。空洞の切株が残る。
義家は社殿を修築し、源氏の氏神として八幡神を崇敬した。

通りへ戻り、先へ。




水道路の交差点を過ぎてしばらく進むと、妙長寺(みょうちょうじ)。日蓮の像が立っている。




日蓮宗海潮山妙長寺(かいちょうざん みょうちょうじ)。

当初は材木座の沼ヶ浦という地に建てられていた。そこは伊豆に流される日蓮を乗せた船が出たとされるところ。
現在地は天和元年(1681)の大津波からの再建にあたり移転してきた場所となる。




妙長寺を過ぎたすぐ先に「乱橋(みだればし)」が架かる。橋といってもほとんど道路と一体化しており見落としてしまいそう。橋のたもとに案内碑が建っている。




乱橋の名は、鎌倉時代末期の新田義貞(にったよしさだ)による鎌倉攻めの際に幕府方の守りがこのあたりで崩れ乱れたという伝承による。




乱橋を過ぎて二つ目の角を左に入る。




奥の突き当りに建つ、日蓮宗弘延山実相寺(こうえんざん じっそうじ)。




実相寺の境内は鎌倉時代の初期に「曽我の仇討ち」で曽我兄弟に討たれた工藤祐経(くどうすけつね)の屋敷跡とされる。工藤祐経の孫にあたる日昭(にっしょう)が法華堂を立てたのがその起こり。




実相寺の門前。この道は山の際(きわ)を通る古道。この古道は若宮大路と平行に近いかたちで通っている。




実相寺から内陸の方向へ少し行くと、五所神社。




奥行きのある参道。




五所神社は明治末期、町内の五つの神社を合わせて祀ったのが起こり。




境内に建てられた板碑(いたび)。




板碑には仏さま(ここのものは不動明王)を表す種子(しゅじ。梵字)が刻まれ、弘長二年(1262)の銘が確認されている。すぐ近くの観応寺が廃寺となった際に移設された。




五所神社からさらに先へと進むと、時宗随我山来迎寺(ずいがざん らいこうじ)。




来迎寺は初め真言宗の能蔵寺といい、後に時宗に改められた。

能蔵寺は源頼朝が三浦義明(みうらよしあき)の霊を弔うために建てた。三浦義明は平安末期、源頼朝につき従った武将。

坂東平氏の流れを汲む三浦氏は相模国三崎荘(三浦市)を拠点とする大武士団。その嫡流は代々荘園を管理する在地の長として「三浦介(みうらのすけ)」と称し、義明は自らを「大介(おおすけ)」と名乗った。治承4年(1180)に頼朝が挙兵するとこれに呼応。当時はまだ平氏方にあった畠山重忠の軍勢と戦い、三浦半島の衣笠城(きぬがさじょう。横須賀市)で討死した。時に義明八十九歳。




三浦義明の墓と伝わる五輪塔の供養塔。

隣りの多々良三郎重春は義明の孫。衣笠城の決戦に先立つ由比ヶ浜の合戦で討死した。




来た道を戻ってその先へと進む。




実相寺、五所神社、来迎寺の背後に連なる山。




根元に地域稲荷の祀られたタブノキのところで右折、バス通りに戻る。




海側に向かって進む。




丁字路の角が九品寺の敷地。山門、本堂が見える。




浄土宗内裏山九品寺(だいりさん くほんじ)。




九品寺は新田義貞(にった よしさだ)による創建と伝わる。新田義貞は鎌倉攻めの際にここに本陣を構えたとされ、北条氏が滅亡した後に北条方の霊を弔うために九品寺を建てた。




本堂。鎌倉で新田義貞が建立したとされる寺は九品寺が唯一。




初夏のころ、咲き乱れる一重の白薔薇。




枝振りのよいクロマツ。




九品寺から先へ進むと、海が見えてきた。道は左手にカーブする。




カーブした先すぐの左手の道を奥に進むと補陀落寺。




真言宗南向山補陀落寺(なんこうざん ふだらくじ)。源頼朝により養和元年(1181)に建てられた。往時は七堂伽藍の大寺であったという。

この寺には壇ノ浦の合戦で平宗盛(たいらのむねもり)が最後まで所持していた「平家の赤旗」が頼朝により奉納されたといい、寺宝として伝わっているそうだ(非公開)。




バス通りに戻り光明寺へ向かう。




大本山光明寺の総門が見えてきた。




境内の案内図。これだけの規模でありながら、拝観料は設定されていない。




「勅願所」の額が掲げられた総門。浄土宗天照山光明寺(てんしょうざん こうみょうじ)は鎌倉時代に始まった六宗の一つである浄土宗の大本山。




総門から山門(三門)へ。




光明寺は第四代執権北条経時(ほうじょう つねとき)により鎌倉時代中期の寛元元年(1243)に創建された。開山は良忠(記主禅師)。




堂々たる楼門の山門。江戸時代後期の弘化四年(1847)に再建された山門は鎌倉に現存する近世以前の山門では最大の規模。「天照山」と書かれた扁額は後花園天皇(ごはなぞのてんのう)による宸筆(しんぴつ)で永享八年(1436)のもの。




山門は禅宗様(ぜんしゅうよう)の特徴が濃い和様(わよう)との折衷様式。組物(くみもの)が隙間なくびっしりと並ぶ。




屋根の軒下は垂木(たるき)を放射状に配した扇垂木(おうぎだるき)。




渦の模様が刻まれた虹梁(こうりょう)。




石が四半敷(しはんじき)に敷かれた基壇(きだん)。柱の下にはソロバン玉のような礎盤(そばん)が入っている。




この時期、山門の楼上が特別公開されていた。滅多にない機会なので別途拝観料を納めて楼上に上がる。楼上には釈迦三尊、四天王、十六羅漢の像が安置されている。




楼上からの本堂、鐘楼。









門前に広がるのは、鎌倉の海。




稲村ヶ崎、その奥に江の島。




うっすらと頂をのぞかせる、富士山。




内部。




釈迦如来と文殊菩薩・普賢菩薩の釈迦三尊。その両脇に四天王。




十六羅漢。諸像は江戸時代後期の作とある。




「法然上人800年大遠忌(だいおんき)」の記念事業として平成23年(2011)に色も鮮やかに修復され、失われていた普賢菩薩像も新彫された。




光明寺の本堂となる「大殿」。本尊たる阿弥陀如来と観音菩薩・勢至菩薩の阿弥陀三尊を祀る。




元禄11年(1698)築の大殿は、近世以前の木造建築としては鎌倉で最大規模を誇る。




棟(むね)には皇室の御紋である「五七桐(ごしちのきり)」と「菊花」が見られる。

光明寺は後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)の御代(1464〜1500)に「関東総本山」の称号を受け勅願寺(ちょくがんじ。天皇の勅許(ちょっきょ。命令)を受けた寺院)となった。




本堂の向拝(こうはい。せり出した屋根)周り。文様の入った虹梁(こうりょう)に大瓶束(たいへいづか)という束を立ててその上に湾曲した海老虹梁(えびこうりょう)をつなげ、禅宗様の様式の特色が顕著。




開山堂。開山の良忠(りょうちゅう)と歴代の法主(ほっす。住職)を祀る。

良忠は浄土宗の開祖である法然(ほうねん)から数えて三代目。浄土宗の基礎作りに大きな働きをし、没後に伏見天皇より「記主禅師(きしゅぜんじ)」の諡号(しごう)が贈られた。




本堂の回廊に上がる。









小堀遠州(こぼり えんしゅう。戦国末期〜江戸初期の武将にして茶人、造園家)の作と伝わる浄土庭園の「記主庭園」。









奥に建つ楼閣は「大聖閣(たいしょうかく)」。「法然上人800年大遠忌」の記念事業として平成23年(2011)に再建された。

楼閣の頂には瑞兆(ずいちょう。良い兆し)のシンボルである鳳凰が立ち、二階は八角形で阿弥陀如来が祀られている。普段は立ち入ることが出来ない楼閣に人影が見られるのは、檀家さんの仏前式の結婚式でもあったのだろうか。




回廊より眺める本堂。




開山堂と山門。




本堂に回り三尊五祖の石庭へ。




「三尊五祖(さんぞん ごそ)の石庭」。




この石庭は昭和48年(1973)の作庭。枯山水にツツジの築山、三尊石などを配置している。




三尊とは阿弥陀如来と観音菩薩・勢至菩薩。ここにいう五祖とは仏教を開いた釈迦、唐代に浄土思想を確立した善導、浄土宗の開祖となった法然から弟子の鎮西そして孫弟子で光明寺を開山した記主(良忠)までの高僧。




枯山水の砂紋は三界流転(さんかいるてん。欲望の世界、清浄な物質世界、無の精神世界を迷い続けること)を、ツツジの築山は浄土思想において極楽浄土に往生するための五種の正行(しょうぎょう。称名念仏など)を、手前の敷石は阿弥陀三尊来迎図(らいごうず)の紫雲を、手前のサツキは煩悩具足の衆生(ぼんのうぐそくのしゅじょう。欲望の備わった人々)を象徴的に表現しているそうだ。
参考 神奈川庭園散歩(青木登著)




本堂背後の天照山展望台に上る。














展望台。




山門の向こうに広がる鎌倉の海。




弧を描いて延びてゆく由比ヶ浜。




展望台を後に、和賀江島へ。トンネルを抜けて下りていく。




坂の途中、思わず目を引きつけられるおびただしい数の宝篋印塔(ほうきょういんとう)が建っている。

ここは内藤家の墓所。内藤家は徳川の譜代大名内藤氏の一族で初め陸奥の磐城平藩(現福島県)、後に日向の延岡藩(現宮崎県)に転じた。内藤家の江戸における墓地は初め江戸深川(江東区白河)の霊巌寺(れいがんじ)にあったが六代藩主の頃に光明寺に寺領を寄進、移転した。




坂を下りきると海岸沿いの駐車場。




案内板。




駐車場沿いを先へ進み国道134号の下をくぐる。




海岸に出るところの高みに、新しい碑と案内板が立つ。




和賀江島(わかえじま)は現存する日本最古の築港遺跡。

材木座海岸は古くから和賀江津(わかえのつ)と呼ばれ、鎌倉幕府成立後は幕府の湊として多くの船が出入りした。ただ外洋に面しているため波風は荒く、難破する船も多かった。そこで船着き場と防波堤を兼ねて島を築くこととし、第三代執権北条泰時(ほうじょう やすとき)の時代となる貞永元年(1232)に石を積み上げた島が竣工した。

鎌倉周辺の石は凝灰岩で侵食に弱いため、丹沢山系の相模川や酒匂川(さかわがわ)を川の流れでゴロゴロと運ばれてきた硬い深成岩(御影石など)さらには伊豆周辺の海岸などから火山岩の安山岩といった、侵食に強い膨大な量の石をわざわざ運んできて積み上げるという、一大土木工事だった。




高みからの和賀江島。




遠くに稲村ヶ崎、江の島。ウィンドサーフィンのセイルが海原に広がり、華やかな鎌倉の海らしい光景。




浜の奥に見える岩の上には古い碑が立つ。




こちらの碑は大正13年(1924)の建碑。

碑の建つ岩は鎌倉石(凝灰岩)のよう。一方で手前の磯の岩は侵食されてゴロゴロと丸くなった硬い岩のようだ。とすると、この一角の磯は和賀江島に積まれた岩が長い年月の間に波に洗われ崩されながら現在の位置に溜まってできたものか。




和賀江島の背後に江の島、稲村ヶ崎。




材木座・由比ヶ浜のパノラマ。 拡大版。

この一角にゴロゴロの岩が吹き溜まりのようになっている。完成当時の和賀江島はどれくらいの規模だったのだろうか。




浜の奥からコンクリート階段で上がり、六角の井へ。このあたりは鎌倉時代、吾妻鏡(あづまかがみ。幕府の史書)が記された頃からすでに「飯島」とよばれていた。そして道を隔てた反対側は三浦の「小坪(こつぼ)」となる。

鎌倉幕府が成立する以前から、鎌倉には律令国家時代の東海道(古東海道)が通っていた。
京から延びて来た道は片瀬、腰越あたりから七里ヶ浜沿いを進み稲村ヶ崎の荒磯を伝って鎌倉に入った。鎌倉からは三浦半島方面へと進み、走水(はしりみず。横須賀市)から海を渡り上総(かずさ。千葉県)へと続いていった。

鎌倉から三浦方面へ至る道は、名越(なごえ)のあたり(鎌倉時代に名越切通となった)を通っていたのではないかと推定されている。そしてもう一つ、小坪の荒磯を通っていく小坪路(こつぼじ。こつぼみち)も古東海道の道筋として有力な候補の一つといわれる。


源頼朝が打倒平家の旗を掲げ、石橋山の合戦で敗れてから勢力を立て直すまで関東各地では頼朝につき従う勢力と平家に従う勢力の戦が頻発した。
ここ小坪から由比ヶ浜にかけては、先に見てきた三浦義明(みうらよしあき)が衣笠城で討死するよりも少し前、三浦氏の一族である和田義盛(わだよしもり)と畠山重忠(はたけやましげただ)の軍勢が合戦を繰り広げた舞台となった(小坪合戦・由比ヶ浜合戦)。

伊豆で旗揚げした頼朝に加勢すべく西へ向かった三浦一族。しかし、折からの悪天候に阻まれ酒匂川(さかわがわ。小田原市ほか)の手前で「石橋山合戦で頼朝敗走」を知る。やむなく引き揚げる途中、由比ヶ浜・小坪のあたりで畠山重忠の軍勢に追いつかれた。
ただ、敵味方とはいえ元々姻戚関係にある三浦と畠山。いったんは和平が成立した。ところが、事情を知らずに救援に駆け付けた和田義茂(よしもち。義盛の弟)が畠山勢に矢を射掛けてしまい、小競り合いが勃発した。こうして戦となった小坪合戦では畠山勢により多くの犠牲者を出した末に、両軍が退くことで終結した。
この合戦の顛末は「衣笠合戦」へとつながっていく。

参考 「鎌倉歴史散歩」奥富敬之著。




案内板。

井戸の別名「矢の根井戸」は平安末期の武士、源為朝(みなもとのためとも。頼朝の叔父)の強弓伝説にちなむもの。
為朝にまつわる史跡は関東ではあまり多くはないようだが、横須賀の西浦賀には為朝を祀った「為朝神社」が建っている。




「六角の井」は覆屋で覆われている。中に残る古い井戸は石が八角形に積み上げられている。そのうち六角分が鎌倉(飯島)の分、残りが小坪の分ということで六角の井と呼ばれるそうだ。海に近い鎌倉にあって、良い水の得られる貴重な井戸だったのだろう。




六角の井から左の道を進むと、正覚寺・住吉神社。一帯は戦国時代前期の城であった住吉城址となる。




正覚寺への石段。
正覚寺の建つ地は光明寺を開山した良忠が鎌倉にやって来て最初に滞在し浄土宗を広めた地。初め悟真寺(ごしんじ)と称し、戦国時代に戦火で焼けたのち正覚寺として復興した。




正覚寺は修繕工事中だったようで、境内には御邪魔せずに引き返す。




石段の隣りには住吉神社へ上がる坂道。

なお、石段下の右手奥(六角の井から右手の狭い道を進んだ先)には住吉城址の案内板がある。




住吉城址の案内板。 拡大版。
逗子マリーナの埋立地が広がる以前、小坪が断崖の迫る磯であった頃の写真が見られる。

住吉城址は戦国時代の初期、関東に進出してきた伊勢宗瑞(いせそうずい。北条早雲)が相模を平定すべく三浦道寸・道香(どうすん・どうこう)兄弟と戦ったところ。

鎌倉時代初期の御家人であった三浦氏は宝治合戦(宝治元年・1247)により執権北条氏に滅ぼされる。しかしその後生き残りの傍流が三浦氏を再興した。
室町時代には京の幕府内の勢力争い、あるいは鎌倉公方と関東管領の勢力争いに加担し浮き沈みをくり返し、やがて扇谷上杉氏(おうぎがやつ うえすぎし。相模国守護)の元で勢力を伸ばす。その三浦氏は嗣子に恵まれない時期に扇谷上杉氏の子(道寸)を養子として迎えた。しかし実子が誕生すると、やはりというべきか争いが起こり、結局は養子であった上杉出身の道寸が三浦氏の家督を手中にした。

こうして三浦氏の当主となった道寸はやがて北条早雲と対決。拠点とした岡崎城(平塚市)を攻め落とされた道寸は住吉城まで退くも、住吉城を守備した道香は早雲に敗れて自害。さらに逃れた道寸も最後は新井城(三浦市三崎。三崎城)で早雲に攻め滅ぼされた。早雲の手中に落ちた三崎城は小田原北条水軍の拠点となっていく。

そうした戦国初期の歴史を伝えた住吉城址は、周辺開発が進み今では住吉神社周辺にわずかに痕跡を残すのみ。




住吉神社への坂を上がり、右手に入る。
擁壁がコンクリートではなく野面積(のづらづみ。自然の石をそのまま積み上げる)の石垣というのが、城址の雰囲気にマッチしてかっこいい(もちろん住吉城の時代は石垣が築かれるには早すぎるが)。ここは曲輪(くるわ。城の区画)だったのだろうか。




正覚寺本堂の屋根越しの、鎌倉の海。




山道へ。




住吉神社の石段。




住吉神社。おそらくは住吉城の鎮守だったであろうとされる。




神社境内は狭い平場になっている。崖には「くらやみやぐら」と呼ばれたかつての隧道が口を開けている。これらは住吉城の遺構の一部と考えられる。ここを通って曲輪(くるわ)を行き来したのだろう。




境内から眺める、江の島。

住吉城址の案内板辺りまで戻る。




パームツリーが立ち並び、リゾート感あふれる小坪。
プールは逗子市の「小坪飯島公園」。そして奥には「逗子マリーナ」のリゾートマンション(コンドミニアム)。




小坪飯島公園の海辺沿いへ。




小坪飯島公園からの和賀江島。




稲村ヶ崎、江の島。




パームツリーの並木はまるでハワイか、カリブ海か。

こんな海辺で聴きたくなる、ヴァイオリンセクションが艶やかな音色を奏でるマルチニーク島(カリブ海のフランス海外県)のフレンチクレオール「Malavoi(マラヴォワ)」の「La  case a Lucie(ラ カーズ ア ルシィ)」「Syracuse(シラクーザ)」(youtubeへリンク)。

Pipo Gertrude(ピポ ジェルトリュード)が歌う「シラクーザ」は「Marronnage」(1998)に収録された、艶っぽいサルサ・アレンジの曲(サルサはプエルトリコのダンス音楽)。飛んでいきたい美しい所として「シラクーザ(イタリア・シチリア島の古代都市)」や「バビロン(メソポタミアの古代都市)」などに混ざって、歌詞の中にさりげなく「フジヤマ」がでてくる。すごいぞ、富士山。

「ラ カーズ ア ルシィ」はそれより以前、ボーカルがRalph Thamar(ラルフ タマール)の時代の曲。軽やかなカリプソのリズムを奏でる。そちらは日本盤もリリースされた「Jou ouve」(1988)にも収録されていたのでFMなどで聴き覚えがある人もいるかもしれない。なおその頃にはすでにPipoがボーカルとなっているが、CDのクレジットには再収録となるこの曲のボーカル(Chant)はRalph Thamarと記されている。




パームツリーの中に一本混じるクロマツは、それでも和の情緒をしっとりと醸す。惜しいことに、少し前までかすかに見えていたフジヤマはもう完全に見えなくなってしまった。




松の枝越しの和賀江島。宋との貿易船が行き交った鎌倉時代の息吹を、微かながらも感じさせる。




吹き抜ける潮風も心地よい、小坪。




遠き鎌倉の世に、思いを馳せつつ。

飯島からは鎌倉駅までバスでも良いし、歩いてもそう遠くはない。


まち歩きトップに戻る。