舞岡公園〜晩秋〜


平成27年(2015)12月最初の週末、紅葉が見ごろを迎えた舞岡公園を訪れる。

この年の紅葉は、秋の気温が平年よりかなり高く日照も不足したため、例年よりかなり遅れた。横浜市内各所における紅葉の初めの見頃は、日当たりのよい場所の紅葉で例年11月25日前後の頃からであるが、この年は12月初頭に入ってようやく最初の見ごろを迎えた。
一方で日当たりの悪い場所の紅葉は例年通り12月に入ってから色づき始めているため、全体としては双方の見頃が重なった年となった。

地下鉄ブルーライン舞岡駅側から舞岡ふるさと村を通って、舞岡公園管理事務所・駐車場の道路を隔てた向かい側にある駐輪場へ。




舞岡ふるさと村に鎮座する、舞岡八幡宮。境内の森は杉木立で覆われている。




参道石段の上には、綺麗に色づいたイチョウの黄葉。




ふるさと村の水田は、晩秋の気配。




舞岡公園の駐輪場から「もみじ休憩所」への散策路をゆく。




もみじ休憩所。




日当たりのよい場所のモミジは、まさに最盛期。真っ赤に燃えるような紅葉。




「もみじ休憩所」をあとに、「ばらの丸の丘」へ。




「ばらの丸の丘」に広がる、里山の紅葉。




「ばらのまるの丘」から谷戸へ。




宮田池。




さくらなみ池。




農家の谷戸田。














農道に沿って、「瓜久保(うりくぼ)の家」へ。




瓜久保の家。




かっぱ池。




日陰のモミジも、ぼつぼつ色づき始めている。




瓜久保。














「瓜久保」から尾根道へ上がる。




「みずき休憩所」へ。




みずき休憩所。




「みずき休憩所」から「狐久保(きつねくぼ)」へ。




狐久保。




「狐久保」から「中丸の丘」へ上がる。




中丸の丘は、里山の紅葉を一望する眺めがすばらしい。




「中丸の丘」から谷戸へ下りて、水車小屋へ。




水車小屋。




耕作体験田の谷戸田。




マユミの実が色づいた。




「小谷戸(こやと)の里」へ。




積み上げられた稲わらの塚。




納屋。




主屋(旧金子家住宅)。









軒に吊るされた、トウガラシ。




主屋の裏庭へ。




裏庭はモミジが美しい。




静かな、里の秋。




再び谷戸田沿いの農道へ。




大原谷戸池。









晩秋の谷戸田。




谷戸田から「ばらの丸の丘」へ上がり、駐輪場へ。









これから最盛期を迎えるモミジは、グラデーションが美しい。




「ばらのまるの丘」「もみじ休憩所」と「けやき広場」を結ぶ、ばらのまる橋。




「けやき広場」。公園管理詰所、駐車場、道路を挟んで駐輪場がある。




ばらのまる橋。道路はこの先、本郷台・環状3号線方面へ下っていく。
「けやき広場」から駐輪場へ。


森歩き山歩き・舞岡公園へ。  四季だより・歳時記トップへ戻る。