三溪園の四季〜雪景色〜


立春の降雪

大寒から立春へと、季節が移ろいゆくころ。南関東では南岸低気圧の通過と寒波の南下が重なり合うとき、慣れない降雪に見舞われる。




雪の正門。
午前10時前、降り始めてからまだ数時間程度。




この機会を待っていた写真愛好家も少なからず見受けられる。交通が麻痺する前、数時間の勝負。




滅多に見られぬ、三溪園の雪景色。









鶴翔閣(かくしょうかく。旧原邸)。









大池ほとりの藤棚から、中島の涵花亭(かんかてい)と観心橋(かんしんばし)。




御門(ごもん)から内苑へ。




右手に構える、白雲邸の門。




臨春閣(りんしゅんかく)玄関。




檜皮葺(ひわだぶき)に新雪をまとう臨春閣第二屋と、亭しゃ(木へんに射)。




臨春閣の、雪景色。春を臨むという名なれど、まだまだ遠い春。









竹林の、蓮華院(れんげいん)。




蓮華院から、春草蘆へ。




春草廬(しゅんそうろ)。



















聴秋閣へ。




まだ雨戸が引かれていない聴秋閣。障子が雪景色に映える。














渓谷歩道も、雪景色。
























二階村雨の間(むらさめのま)に雨戸が引かれた、臨春閣第三屋。




月華殿(げっかでん)へと続く渓流。




月華殿へ。














こちらも雨戸が引かれた姿。




天授院(てんじゅいん)。




石灯籠も水船も雪を被った。









旧天瑞寺(てんずいじ)寿塔(じゅとう)覆堂(おおいどう)。

内苑から、外苑へ。




しんしんと冷え込んだ空気。このあたりでは珍しい、サラサラの雪。
昼間でも零度台というあまり経験のない気温に、カメラを持つ手も凍える。ポケットのハクキンカイロで暖を取りながら、撮影続行。




外苑。




外苑の渓流沿いも、すっぽりと雪に覆い尽くされる。




臥龍梅(がりょうばい)。




寒霞橋(かんかばし)。奥には旧矢箆原家(やのはらけ)住宅。




寒霞橋(かんかばし)の上から旧東慶寺仏殿を望む。




旧矢箆原家住宅へ。




雪をまとい始めた、合掌造。




旧東慶寺仏殿の茅葺も、雪化粧。




旧燈明寺(とうみょうじ)本堂の前、広がる池に二基の石灯籠。




旧燈明寺本堂。




三重塔の建つ山の上から、旧燈明寺本堂を見下ろす。
こんな時ゴアブーティーのハイカットトレッキングシューズは、心強い。




大池の中島へ。




観心橋(かんしんばし)。橋の奥には、三溪園天満宮。









雪中の寒椿(カンツバキ)。モノトーンの世界に、鮮やかな紅。




八つ橋越しに、鶴翔閣を見る。

午前11時を15分も過ぎたころ、公共交通機関が乱れる前に、帰途へ。
この後も雪は降り続き、近年まれに見る積雪に。雪への備えのない南関東の電車は次々に立ち往生し、ダイヤは終日大混乱となった。


三溪園の四季・早春へ  三溪園の四季トップへ戻る  県立四季の森公園の雪景色はこちら