寺家ふるさと村ふるさとの森〜晩秋〜


11月下旬、里山の紅葉を求めて寺家(じけ)ふるさと村のふるさとの森をぐるりと一巡りする。




刈り入れの終わった谷戸田(やとだ)。水路沿いに、四季の家へ。




四季の家の前を流れる水路。モミジがあざやかに色づいた。









四季の家。




山田谷戸の奥、色づく里山。




熊野谷戸の向こうに寺家ふるさとの森。左手に熊野神社の鳥居が見える。




寺家ふるさと村全体案内図。 案内図拡大版




熊野神社へ。














谷戸田沿いにゆく。小さな稲荷社。




鳥居の向こうには小さな祠と、そびえ立つスギの古木。




ふるさとの森散策路入口へ。









散策路に入ってすぐの、モミジの植栽。鮮やかに色づいた。









くまの橋をくぐる。




橋の下は切通し。上に橋が架けられた。
まっすぐいくと、むじな池から山田谷戸へ抜ける。




むじな池を見下ろす。









山田谷戸の側に出た。谷戸田沿いに、くまの橋に上がる散策路へ。




湿地を渡っていく。




尾根上へ。




くまの橋のあたり。




鮮やかな赤は、ツツジの紅葉。














尾根伝いに、大池へ向かう。









水が湧き、小さな流れをつくる。









大池。









大池から、山田谷戸の奥に出た。




谷戸田沿いに、水車小屋を経て郷土文化館へ。




谷戸沿いの、水車小屋。









郷土文化館。庭園路や離れ「一層楼」の紅葉が美しい。郷土文化館の紅葉はこちらのページ






森歩き、鶴見川サイクリングコースから寺家ふるさと村(初夏から夏)へ  四季だより・歳時記トップへ戻る