三溪園の四季〜初秋〜


秋の彼岸入りの頃

年ごとにその時期が前後する中秋の名月(旧暦八月十五日)。秋のお彼岸の入りとほぼ重なったその年もまた、恒例の観月会(かんげつかい)が催された。

十五夜のお月さんから二日後の夕暮れ、雅楽の演奏会にあわせて夜の三溪園を訪れる。雅楽といえば正月の神社でよく耳にする「平調(ひょうじょう)越天楽(えてんらく)」くらいしか馴染みがないがせっかくの機会、雅楽鑑賞と洒落込む。




いつもは閉門の時間帯、夕暮れを迎えてなお賑やかな正門前。




西日に照らされる大池の向こうに、鶴翔閣(旧原邸)。




いつもの光景が夕暮れに包まれてゆく。




大池のほとりを内苑に向かう人々。




観月会の期間中は古建築のライトアップも行われ、外苑も賑わっている。




観心橋。









提灯の掲げられた御門から、内苑へ。









内苑の中心、臨春閣の前庭が演奏会鑑賞の会場。

竹の縁台が少しばかり並べられていたが、基本的には芝生に座っての鑑賞。六時半の開演までまだ小一時間はあるが、早くも観客が会場を埋め始めている。




臨春閣第二屋、手前の琴棋書画(きんきしょが)の間と浪華の間、奥の住之江の間がひとつながりとなって今宵の舞台となる。




池に架かる亭しゃ(木へんに射)の欄干も改修が済んだばかり。




準備が進んでいく、薄暮(はくぼ)のひととき。




やがて夕方六時を回り、辺りが蒼い闇に包まれ始める。




間もなく開演、演奏者が続々と舞台に揃い始めた。

奏者は、横浜雅楽会(よこはまががくかい)の会員の方々。




一曲目は管絃(かんげん)「平調(ひょうじょう) 音取(ねとり) 皇じょう(鹿に章)急(おうじょうのきゅう)」。
音取とは、音合わせの一種のような短い楽曲。









楽器の配置換えが行われ、二曲目は国風歌舞(こくふうかぶ)「東遊(あずまあそび)」(一部抜粋)。




再び配置換え。三曲目は管絃「平調 音取 萬歳楽(まんざいらく)」。

この後15分間の休憩を挟んで、後半へ。




後半初めは、舞楽(ぶがく)「白濱(ほうひん)」。














続いて、舞楽「納曽利(なそり)」。














午後八時半、終演。
内苑を後にし、外苑へ。




闇に浮かび上がる、三重塔。




観心橋もうっすらと浮かび上がる。




足元の明かりに導かれ、大池のほとりを正門へ。
十五夜から二日後、ほぼ満月のお月さん。




鶴翔閣(旧原邸)。




闇に浮かび上がる、和船。




長い一日の終わり。


三溪園の四季・秋へ  三溪園の四季トップへ戻る  四季だより・歳時記トップへ