文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


雨降山大山寺・大山阿夫利神社の紅葉


相州大山(おおやま・1252m)中腹にある雨降山大山寺(あふりさんおおやまでら)は紅葉の名所。ライトアップの時期は大変な人出でにぎわう。




平成24(2012)年11月24日、小田急線伊勢原駅北口。大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)一の鳥居が出迎える。

ここからバスで大山まで30分ほど。




午後三時まえの、「大山ケーブル」終点ロータリー。
ここまで交通規制が敷かれバス優先の参道は大渋滞だった。臨時駐車場と結ぶシャトルバスもひっきりなしに発着する。




ケーブル駅まではあと10分余り、大山こま参道を上ってゆく。














中間駅の大山寺駅から、大山寺へ。







































雨降山大山寺は、天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)良弁(ろうべん)により開山。
江戸時代には、大山不動は徳川宗家から庶民まで広く信仰を集め「大山詣で」の流行で隆盛を極めた。
長い歴史の中、二度の大火・明治期の廃仏毀釈などにより幾度となく伽藍を失う。現在の本堂は明治18年建立。

唐破風(からはふ)の向拝(こうはい。せり出した屋根)に見事な彫り物が施されている。




左右の木鼻(きばな)には竜の彫り物。




中央の蟇股(かえるまた)には僧の滝行(たきぎょう)の彫り物。良弁の滝行の故事にちなんでいるのだろうか。





























大山集落が参道沿いに細く延びる。

ケーブルで大山寺駅から阿夫利神社駅へ。




ケーブル阿夫利神社駅は、ライトアップの始まる前から早くも帰りの乗車待ちで大行列。




大山阿夫利神社へ。




ここは大山阿夫利神社下社(しもしゃ)。山頂には前社・奥社・本社の祠が建っている。江戸時代には大山(石尊大権現)参りで賑わった。
現在下社拝殿の建つこの場所は、明治以前は大山寺本堂が建っていた。



















大山名水は拝殿の下。









午後4時半過ぎ、そろそろライトアップの始まり。




阿夫利神社境内からは伊勢原をはじめとした下界が一望。









午後5時過ぎ。ケーブル駅は乗車待ちの行列で大混雑。ケーブルカーを諦め、薄暗がりの歩きにくい石段をヘッドライトを頼りに注意深く下りながら、大山寺へ。




大山寺。午後5時半を過ぎ、日がとっぷりと暮れた。
























すっかり夜景のふもとの街。

引き続き暗がりの石段を下り、バスロータリーへ。


大山の初詣・初日の出へ  森歩き、山歩きトップへ戻る  四季だより・歳時記トップへ戻る