四季の森公園の四季〜晩秋〜


錦繍の頃




南口から、かつての尾根筋にあたる、外周路へ。
モミジの紅葉が本格化するのは最低気温が7℃前後になったころ。南関東平野部では例年だいたい11月下旬ごろから。









ちびっこ広場の一角から、紅葉の森へ降りる。














まるで吹き寄せのよう。
























錦繍の秋。









一面、モミジの絨毯。









紅葉の森から、菖蒲田へ。



















西日に燃えるモミジ。









水車小屋の水路にも、秋の色。









北口の大池から、木製デッキに沿って。




草原は、秋の草原に。




あし原湿原も、すっかり晩秋の装い。




アシ原湿原奥の、上の池(かみのいけ)。




上の池から、渓流沿いの園路。














こちらは、真っ赤なモミジの絨毯。









谷戸の最奥、ピクニック広場へ。




ピクニック広場手前の分岐から、不動の滝方面へ。












四季の森・新春へ  四季だより・歳時記トップへ戻る  森歩き山歩き・ズーラシア隣接の森から県立四季の森公園へ