文字が読みづらいときはショートカットキーでの拡大をお試しください。

[Ctrl]を押しながら[+(;れ)]で拡大。
[Ctrl]を押しながら[=(−ほ)]で縮小。


小田原城、戦国から泰平の世へ


2.小田原城総構(平地側)と、清閑亭(三の丸土塁跡)、八幡山古郭

1.戦国北条氏の小田原城総構(山側)はこちら




御鐘ノ台(おかねのだい)の奥。標高およそ122m。眼下には総構(そうがまえ)空堀の西端が連綿と続く。奥には相模湾。

来た道を戻り、早川口遺構へと向かう。




邸宅街を下りていく。




鉄砲矢場と呼ばれるあたりの墓地。空堀と土塁の様子が見られるというが、ちょっとよく分からない。墓地のあたりが空堀だったということだろうか。




東海道線・箱根登山鉄道のガード下をくぐる。




トンネルの向こうは小田原城、小田原駅。




早川口の信号。右手のガード下をくぐると旧東海道・板橋見附から箱根湯本方面。ここからは線路沿いの国道135号を真鶴・湯河原方面へと歩き、早川口遺構へ。




遺構への案内柱が出ている。




奥へ入っていったところに立つ、案内板。 拡大版  




早川口(はやかわぐち)遺構。一帯は公園となっている。二重戸張(ふたえとばり。二重の堀と土塁)と呼ばれる特殊な構造の遺構とされる。




現在は窪地となっているかつての空堀の縁に土塁が見られる。




消防署まで戻った。公共の建物も白壁切妻屋根の和風建築。城のような縦格子の窓が見える。




山角天神社(やまかく てんじんしゃ)の、三の丸土塁の名残りの地形となるあたりで、急坂を登り清閑亭へ。




坂を上りきったこのあたりは天神山と称され、三の丸の一角であった。

平成27年(2015)現在、この地は(仮)国際医療福祉大学小田原城内新棟の建設工事が進んでいる。元は県立小田原城内高校(現在は県立小田原高校に統合)の校地。小田原城内高校は旧制小田原高等女学校の流れを汲む伝統校であった。




清閑亭(せいかんてい)。かつて三の丸土塁であったところに建てられた。




案内板。 拡大版  

明治中期以降、戦国時代の残り香と風光明媚な海山に恵まれた小田原の地には、政財界人・文人の数多くの邸宅・庭園が造られた。




清閑亭は、元は黒田長成(くろだ ながしげ)侯爵邸。
長成は黒田の殿様の子孫。黒田家は黒田如水(じょすい。官兵衛)が軍師として秀吉に仕え、徳川の世には嫡男の長政(ながまさ)が筑前・福岡藩主となった。その末裔が明治の世に、巡りあわせにより小田原の地に別邸を構えることとなった。

黒田侯爵の御先祖である官兵衛は、この小田原の地で秀吉の天下統一の総仕上げにひとかたならぬ役割を果たした。
侯爵がこの地に別邸を構えたのは明治39年(1906)。ときに日本は日清(1894)・日露戦争(1904)を経て西洋列強の一角に肩を並べようとしていた。そのような激動の時代にあって、長成は家祖・官兵衛のことを強く意識し、昂るものがあったであろう。




玄関へ。




玄関の天井は、船底天井(ふなぞこてんじょう)。




清閑亭案内図。この数寄屋風書院(すきやふう しょいん)建築は、建物が雁行型(がんこうがた)に配置されている。このような配置は、桂離宮の御殿や横浜本牧・三溪園の臨春閣(旧紀伊徳川家の巌出御殿)あたりが著名。

最初の訪問時は「お居間」と「食堂」が修繕中で見学できなかったので、後日改めて出直す。




お居間・食堂へと通じる廊下。
額には「桜谷(おうこく)」と号した長成の筆による「宝倹」の文字。




お居間。
黒田侯爵が客人を迎える際に利用された、この建物で最も格式のある空間。

現在はカフェとして訪問客が利用することができる。




お居間の床(とこ)。

一間半(いっけんはん)の大きな畳床(たたみどこ)。床框(とこがまち)は黒檀(こくたん)か。この辺りは格式を重んじている。
一方で、脇には桂離宮・新御殿一の間の書院に見られるような、縦繁(たてしげ)の書院障子をあしらった櫛形窓(くしがたまど)の平書院(ひらしょいん)が設けられている。床柱(とこばしら)には角柱ではなく丸木が用いられた。

この空間は総じて数寄者(すきしゃ)の趣味が伺える数寄屋風書院となっている。




お居間から続く食堂にも建具(たてぐ)へのこだわりが見られる。
複雑な木目が美しい襖には菊花が描かれている。




こちらは孔雀。




お居間・食堂の廊下から眺める中庭。




中庭を眺めつつ、水屋・客間の棟へ。




炉が切られた、三畳の茶室。奥には釣棚を設えた水屋(みずや。茶事の準備をする空間)。




茶室の前から客間・奥女中の間へ。




右手に客間。




客間の欄間(らんま)は、千鳥(ちどり)の透かし彫り。天井は竿縁天井(さおぶちてんじょう)




客間からの中庭。




客間の床(とこ)。

畳床(たたみどこ)の床框(とこがまち)には丸木の天然木をあしらい、床柱(とこばしら)には反りのある竹を用いて、草庵のような野趣あふれる数寄屋風書院(すきやふう しょいん)に仕上げられた。主である黒田侯爵の趣味が伺える。
床脇(とこわき)には火灯窓(かとうまど)の枠をあしらった書院障子の明かり取り。




火灯窓の枠は、頂部がなで肩ではなく櫛形窓(くしがたまど)のような肩の張った意匠になっている。




客間からの前庭。














客間から奥女中の間に通じる開口部。茶道口(さどうぐち)に見られるような火灯口(かとうぐち)になっている。




客間と奥女中の間との仕切の空間は、天井が網代天井(あじろてんじょう)。




奥女中の間。欄間障子(らんましょうじ)がはめられている。




壁には下地窓(したじまど)。奥女中の間も客間に見劣りしないよう洗練された造りとなっている。




建物をぐるりと取り巻く廊下。




二階へ。




二階の水屋。天袋(てんぶくろ。棚)などの引戸が網代(あじろ)を張られたものになっている。




窓の外には高欄(こうらん。手すり)が廻らされている。




書の間。こちらも喫茶処として利用されている。




欄間には五三桐(ごさんのきり)の透かし彫り。モチーフを単純化した意匠は光琳模様と呼ばれ、桐の紋については「光琳桐(こうりんきり)」と呼ばれる。
五三桐は皇室の紋であるが、豊臣にも下賜された。この建物にとって最も大切と思われるこの空間にこの紋をあしらっているのは、秀吉の家臣として仕えた家祖の官兵衛に、明治天皇の臣下として仕える自身を重ね合わせて、遠きご先祖に思いを馳せているのであろうか。




書の間の床(とこ)。

床柱は野趣あふれる天然木。床は床框(とこがまち)の厚みがなく、押板(おしいた。床の間の原型)のよう。
床の明かり取りには下地窓(墨蹟窓・ぼくせきまど)を設け、差し込む光が書に柔らかな影を落とす。天袋と地袋(じぶくろ)が設けられた床脇の明かり取りとなる狆潜り(ちんくぐり)にも下地窓のように竹の格子をあしらっている。

軽妙洒脱な数寄屋風書院とはまた趣の異なる、黒田侯爵の侘び・寂びの趣味がにじみ出た、何とも贅沢な大人の空間だ。




欄間にも欄間障子と下地窓。




一階の蔵へ。




白い漆喰の重厚な扉の向こうが、蔵。




この蔵は、建物が浅野侯爵の所有に移ったのちの、昭和16年(1941)に増築された。


その他小田原の邸園(邸宅・庭園)めぐりはこちらへ。




清閑亭を後に、八幡山古郭へ。




東海道線を見下ろしつつ、先へと進む。




線路の向こうに、天守閣。




八幡山古郭(はちまんやまこかく)。
北条氏の戦国時代は、このあたりが小田原城の中心となる城郭であったとする見解もある。地形的に見ても、八幡山古郭本曲輪(ほんくるわ)とその周辺は現在の本丸よりも標高が高い。




案内板。 拡大版  









高みへと登っていく。




八幡山古郭・東曲輪(ひがしくるわ)。戦国時代の息吹を感じさせる史跡公園として平成22年(2010)に整備・開放された。




案内板。 拡大版  




戦国時代の諸将を平安末期から鎌倉初期の武士になぞらえるとしたら、信長は義経・頼朝か。時代を超越したその戦法そして冷徹なまでの合理主義に、両者を併せ持った資質を感じる。
一方で秀吉は執権北条・平家だろうか。同輩中の首席として主君家中のライバルを次々と蹴落とし、朝廷の権威を利用しつつ最高権力者として振る舞ってゆく。

そして北条はといえば、奥州藤原氏。時代を大きく動かしうるほどの理想の大国を築き上げるも同時代の巨大勢力の軍門に下ることなく、己の信ずる処を貫き通してついには滅びゆく。もしも滅びの美学というものがあるとするならば、奥州藤原氏と小田原北条氏は双璧ではなかろうか。


もしも北条が秀吉に恭順していたら、その後の歴史はどうなっていたのだろう。仮に北条が相模と伊豆に領国を縮小されていたとして、家康は果たして武蔵以北に国替えさせられたであろうか。家康は江戸の可能性を探るまでもなく肥沃な濃尾平野に育まれた尾張に幕府を開いて、ひょっとすると今ごろは名古屋が日本の首都になっていたかもしれない。




小田原北条氏が用いた虎の印判「禄寿応穏(ろくじゅおうおん)」。二代氏綱から五代氏直まで用いられた。
画像出典 小田原城・常盤木門SAMURAI館パンフレット。

ここには領民が平和に暮らせるように、禄(財産)と寿(生命)が応(まさ)に穏やかであるように、という願いが込められている。

関八州に覇を唱えた小田原北条氏は築城技術などの軍事面だけでなく、他大名に先駆けて領国の検地を実施したり、関東一円の街道を整備し通信・物流手段として伝馬制度を設けた。さらには最古の上水道ともいわれる小田原早川上水を築くなど、領国経営においても長けていた。まさに戦国大名の中の戦国大名であった。
北条にとっては初期の今川、そして武田、上杉(長尾)と、隣接する勢力が強大すぎた。早雲以降傑出したカリスマを擁するでもなく、強力な一門衆とともに宗家数代にわたって信玄、謙信といった隣国のカリスマたちと渡り合ってきたところが北条氏の真骨頂といえる。


更に歴史上のイフとして、もしも上杉謙信の養子となった北条三郎(景虎)が家督を巡る御館の乱(おたてのらん)で滅ぼされることなく上杉家の実権を掌握していたらどうであったか(むろん、それができていれば再度の同盟関係にあった武田勝頼の評価・その後も全く変わっていただろうが)。上杉・北条の連合がもしも強固になっていたとしたら。

史実として北条第四代氏政はいともたやすく勝頼を滅亡させた信長を脅威に感じ、信長に恭順の意を示し嫡男氏直と織田の姫とで姻戚関係を結ぼうとしていた。秀吉との小田原合戦における氏政の姿勢に対する評価は暗愚で先見の明がなかったとされがちであるが、氏政は決してそのような将では無かった。しかし信長は天正10年(1582)、本能寺に倒れる。
上杉・北条・徳川の草刈り場となった織田領信濃で北条は徳川と一戦を交えたのち同盟を結んだ。氏直に姫を嫁がせ姻戚となった家康は、小田原合戦に至るまでぎりぎりのところで北条と豊臣の間を取り持つべく奔走していた。機を見るに敏な家康のこと、五代目氏直のことは高く買っていたのかもしれない。

もしも徳川が豊臣の行く末を見限って上杉・北条連合に完全に軸足を置き大連合となっていたらどうか。伊達はどう出るのか。秀吉に征服されあるいは恭順の意を示した西国の島津、長宗我部、毛利。これらの大名間のパワーバランスはどうなるのか。もう近世史は全く別物になってしまい、想像は如何様にも膨らんでいく。




八幡山古郭は現在、その多くが市街化されている。そうしたなか、かつての西曲輪・藤原平であった辺りに江戸時代における小田原藩の藩校「集成館」以来の伝統を受け継ぐ県立小田原高校(旧制神奈川二中)の校地がある(大正3・1914年、同校発祥の地である現在の小田原駅東口付近より現在地に移転)。




古郭をあとに、小田原城址公園へ。




小田原城址公園、三の丸あたり。

現在の小田原城址公園は近世(江戸時代)における小田原城の城郭が整備されているが、城内には中世(戦国時代)に北条氏によって築かれた土塁・空堀(土の城)の遺構も見られる。


3.近世の小田原藩10万石の居城へ。 まち歩きトップへ戻る。