こども自然公園〜晩秋〜


11月下旬に入り、横浜市旭区・こども自然公園(大池公園)の紅葉が見頃を迎えた。
日当たりのよい大池の周辺はモミジがあざやか。その周りは里山の紅葉。広大な公園をぐるりと一周する。




相鉄線二俣川(ふたまたがわ)駅南口から「自然公園通り」の緩やかな起伏をまっすぐ進み17,8分。入口広場のすぐ目の前に広がる、大池。









総面積50ヘクタール(100m四方×50)の広大な公園を反時計回りに回っていく。  案内図拡大版









弁財天へ。




池畔の弁財天。




大池のいわれ。

公園の開園は昭和47年(1972)。古くは「本宿の大池」と呼ばれたという「万騎が原(まきがはら)の大池」周辺が公園として整備された。地域における通称である「大池公園」の名はこの池に由来する。









大池の奥に赤い橋。




広大な大池。









こちらは中池。




中池から教育水田の谷戸田(やとだ)へ。




教育水田。




刈り入れも終わり、まもなく冬を迎える谷戸田。









一本桜とゲンジボタルの湿地。




尾根に上がる。









ピクニック広場。




上がった尾根は、武蔵と相模の国境尾根。




尾根伝いの奥に、青少年野外活動センター。














梅林へ。














梅林。




梅林脇の湿地を渡る木道。




湿地の奥。









梅林のモミジ。









梅林沿いから尾根へ。









とりでの森を見下ろす広場。




とりでの森の隣に広がる広場。




桜山へ。




桜山。









ふれあい桜橋を渡って草地広場へ。




森の上を板張りの桟橋が渡されている。




広々とした草地広場。














草地広場を流れる大池町小川アメニティ。




小川アメニティの下流側から桜山(バーベキュー広場)へ。









どうだんつつじ橋を渡る。




行く先に広がる桜山(バーベキュー広場)。














再び大池のほとりへ。


四季だより・歳時記トップへ戻る