保土ケ谷公園の梅園


令和二年(2020)二月の上旬、県立保土ケ谷公園の梅園で早咲きの梅が見ごろを迎えた。




ランドマークタワーを背景に、紅梅白梅が咲き競う保土ケ谷公園の梅園。

遅咲きの梅はまだまだ蕾。全体としては四分咲きくらい。




梅園に下りるウッドデッキのスロープはサッカー場と野球場の間、公園管理事務所の前あたり。














この梅園はその本数(約120本)の割には種類がとても多い。




濃い紅梅は、たぶん鹿児島紅(かごしまべに。名札が付いていなかった)。




緑萼春日野(りょくがく かすがの)




萼が緑色の、青軸系の八重咲白梅。




幾夜寝覚(いくよねざめ)。




美しい花だ。




これは寒紅梅(かんこうばい)かな?(適当)。




一重緑萼(ひとえ りょくがく)。




道知辺(みちしるべ)。




八重野梅(やえ やばい)。




玉光枝垂(ぎょっこう しだれ)。こちらはまだまだ。




養老(ようろう)。









梅園から階段を下りて、せせらぎの流れる散策エリアへ。




こちらには早咲きで知られる河津桜。つぼみが膨らんできている。




ほんの数輪だけが花開いていた。







まち歩き・和田町駅から保土ケ谷公園へ  花だよりトップに戻る。